プラスワンのケア

    カテゴリー:ナーシングトーク, 未分類

    2022年08月22日

    在宅看護を行なっていた頃、

    毎月、、、

    第一週目は、

    「プラスワンケア週間!!」

    と決めていました。

    そもそも、、

    在宅看護とは、

    ご自宅で療養されている患者さんの

    医療処置を看護師が訪問して

    行うことです。

    そして、

    その患者さんの状態によって、

    訪問する時間も変わります。

    30分の人。

    1時間の人。

    2時間の人。

    その時間内で、

    患者さんの状態をチェックし、

    決められた処置を確実に行うのが

    業務です。。

    年齢も

    0歳児から100歳越えの患者様まで

    さまざま。

    もちろん病名も様々なので、

    そんな病名しらない!

    聞いたことすらない!!

    なんてことも、、、。

    そんな中、

    毎月の第一週目に、

    「プラスワンケア週間」

    としていました。

    この一週間だけ、、

    いつもの業務に

    さらに一つケアをしてくる!!

    そんな一週間にしていました。

    取り組みをはじめた頃は、

    ただでさえ時間に追われて

    ケアしているのに!!と

    スタッフからの不満が続出でしたが、、

    何度かやっていくと、、

    時間を上手に使うヒントにもなった様子。

    そして、

    ワンケア。

    と言うとハードルが高いので、

    制限なし!!

    何でもいいことにしました。

    仏壇に手を合わせてきた。

    愛犬にブラッシングしてきた。

    今まで聞いたことのない

    戦争の話を伺ってきた。

    などなど、、、

    いつもと違うことを

    一つプラスしてくる!!

    それぞれのスタッフが

    今日は何にしようかなー。

    と、、

    その患者様のことを考え、

    よく観察してくるキッカケに。

    そして、

    そこにもそれぞれの

    個性が出て面白い!!

    練習中のオカリナを披露してきた!!

    と嬉しそうに報告された時は、、

    え?!大丈夫?!本当に喜んでた?!

    とつっこみましたが、、

    みんな芸達者だねーーー♪

    と感心することが多かったです。

    私も一芸ぐらい

    身につけておくべきだったかも、、、と。

    もちろん、

    全てが患者様にとって

    プラスになったかはわかりませんが、

    相手のことを真剣に考えて、

    勇気をもって実践してくる。

    そこから、

    正解だったか、、

    イマイチだったか、、

    とても多くを学べた気がします。

    いつもと同じケア。

    それもとても大切なことですが、

    いつものケアにさらに

    ひとつ!!!

    些細なことでも、

    何かないかなーー??

    と考えること。

    自分のことを真剣に

    考えてくれる人を

    嫌がる方はいませんよね、、

    そして、

    サロンでも、、、

    いつもと同じ丁寧な施術とともに

    プラスワンを、、、

    お一人お一人に考えていけたら、、

    と思っています♪

    宮本。