「肩こりでうつ症状?」

    カテゴリー:未分類

    2022年11月3日

    肩こりがひどい方!!

    放置してはダメですよ。

    なぜなら、、

    うつ病と

    非常に似た症状を

    引き起こすことがあるからです。

    仕事の姿勢が悪かったり、

    冷房が強すぎて、

    首の筋肉が極度に凝った状態になると、、

    自律神経が圧迫されて

    交感神経が異常を起こし、

    うつ病そっくりな症状を引き起越すのです。

    これは、

    CNMS(頸性神経筋症候群)

    と呼ばれ

    一種の「ムチうち症」

    でうつ病とは別の病気、、

    脳には異常がないため、

    向精神薬は効きませんし、

    カウンセリングを受けても

    意味がありません。

    しかし!!

    症状自体は

    不定愁訴

    不眠

    食欲低下

    意欲低下

    など、、

    うつ病とまるで同じ!!

    医師にも判別がつかず、

    効かない抗うつ薬を飲み続けて

    症状が悪化するケースもあります。

    頭痛や吐き気などの

    不定愁訴に加えて、、

    ドライアイ

    体温調節の障害

    発汗の異常

    冷えやのぼせ

    がある場合は、

    CNMSを疑った方がいいようです。

    身体的トラブルのため、

    正しい姿勢でのパソコン作業や、

    硬直した首をカイロなどで温めるだけでも

    症状が緩和されます。

    肩こりがひどい方は、

    いつもの肩こり、、

    と軽く考えず

    早めに

    首の筋肉をほぐし、

    自律神経を守ってあげてくださいね♪

    宮本。